添付ファイル用の安全な一時フォルダ

このポリシー設定では、Outlook 2007 によってランダムに生成されるフォルダを使用するのではなく、安全な一時ファイル フォルダのパスを指定できます。



このポリシー設定を有効にした場合、Outlook 2007 によってランダムに生成されるフォルダを使用するのではなく、安全な一時ファイル フォルダのパスを指定できます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、Outlook 2007 では、ユーザーごとに異なるランダムな名前が安全な一時ファイル フォルダに割り当てられます。



重要 - Outlook 添付ファイル用の特定のフォルダを使用する必要がある場合は、ローカル ディレクトリを使用すること (最適なパフォーマンスが得られます)、その特定のフォルダをインターネット一時ファイル フォルダの下に置くこと (この場所のセキュリティは強固であるため安全です)、およびフォルダ名を予測が難しい固有の名前にすることをお勧めします。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
安全なフォルダのパスを入力してください

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
Value NameOutlookSecureTempFolder
Value TypeREG_SZ
Default Value

outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)