MAPI32.DLL の自動修復

不適切なバージョンの MAPI32.DLL が検出された場合、ファイルを修正する FIXMAPI.EXE を自動実行する前に、ユーザーに確認するかどうかを指定します。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降

Outlook が正しく機能するためには、正しいバージョンの MAPI32.DLL がインストール

されている必要があります。他のプログラムによってこのファイルがインストールされている場合、

Outlook と互換性のないバージョンであることがあります。

Outlook では、FIXMAPI.EXE ユーティリティを手動で実行するのではなく、

問題が検出されたときにいつでも自動的に実行されるようにすることができます。

FIXMAPI.EXE のオプションを選択してください:


  1. FIXMAPI.EXE を実行する前にユーザーに確認する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\
    Value NameFixMapi
    Value TypeREG_DWORD
    Value5
  2. 確認せず、自動的に修復する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\
    Value NameFixMapi
    Value TypeREG_DWORD
    Value6


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)