Outlook で添付ファイルのプレビューを表示できないようにする

このポリシー設定では、Outlook 2007 ユーザーが電子メール メッセージの添付ファイルのプレビューを表示できるかどうかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは Outlook 2007 内の添付ファイルのプレビューを表示できません。この場合、ユーザーは、セキュリティ設定に応じて適切なアプリケーションを使用して添付ファイルを表示する必要があります。この構成を使用すると、特定のファイル形式を対象とした理論的なゼロデイ アタックを未然に防ぐことができます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、Outlook 2007 ユーザーは、添付ファイルを表すアイコンをクリックして、メッセージ ウィンドウまたは [閲覧ウィンドウ] 内で電子メールの特定の形式の添付ファイルをプレビューできます。ユーザーは、Outlook 2007 アイテム、Word 文書、PowerPoint プレゼンテーション、Excel ワークシート、Microsoft Visio 図面、イメージ ファイル、およびテキスト ファイルのプレビューを表示できます。悪意のあるコードからユーザーを保護するために、添付ファイルに埋め込まれているアクティブ コンテンツ (スクリプト、マクロ、ActiveX コントロールなど) はプレビュー時に無効になります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Preferences
Value NameDisableAttachmentPreviewing
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)