暗号化の警告ダイアログ ボックスで [続行] オプションを無効にする

この設定では、Outlook 2007 ユーザーが、暗号化の警告が表示された後に電子メール メッセージを送信できるかどうかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、暗号化の警告ダイアログ ボックスに [続行] ボタンは表示されません。つまり、ユーザーは送信操作を完全にキャンセルする必要があります。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、Outlook 2007 ユーザーは、メッセージを送信しようとして暗号化関連のダイアログ ボックスが表示されたときに、警告を解除してメッセージを送信することを選択できます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
Value NameDisableContinueEncryption
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)