電子メール メッセージの署名の作成、返信、転送を無効にする

このポリシー設定では、Outlook 2007 ユーザーが電子メール署名を定義および使用できるかどうかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、Outlook 2007 ユーザーは、新しいメッセージ、返信メッセージ、または転送メッセージに署名を自動的に追加することはできません。また、[署名とひな形] ダイアログ ボックスの [電子メール署名] タブを使用して手動で署名を追加することもできません。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、Outlook 2007 ユーザーは、電子メール メッセージで署名を作成および使用できます。ユーザーは署名をメッセージに手動で追加できます。また、Outlook を構成して、新しいメッセージ、返信、転送、またはこれら 3 つのすべてに署名を自動的に追加することもできます。署名には、通常、ユーザーの名前、役職、電話番号、オフィスの場所などの詳細情報が含まれています。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Common\MailSettings
Value NameDisableSignatures
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)