迷惑メールの処理レベル

このポリシー設定では、迷惑メールの保護レベルを指定します。Outlook 2007 の迷惑メール フィルタは、迷惑メールやスパムであることが明らかなメールをユーザーの [迷惑メール] フォルダに振り分けるように設計されています。このフィルタでは、各受信メッセージが、メッセージの送信時間や内容などに基づいて評価されます。このフィルタでは、特定の送信者やメッセージの種類を選び出すのではなく、各メッセージをその内容および構造に基づいて分析して、スパムであるかどうかを特定します。



このポリシー設定を有効にした場合、ポリシー設定を未構成していると、ユーザーは以下の 4 つのオプションのいずれかを選択できます。オプションを選択した後は、ユーザーはこの構成を変更できません。



このポリシー設定を無効にした場合、ユーザー定義の保護レベルに戻ります。



このポリシー設定を未構成にした場合、ユーザーは以下の 4 つのレベルから迷惑メールのフィルタ処理を選択できます。



- [自動処理なし] - 受信メッセージはコンテンツによって評価されません。Outlook では、ユーザーの [受信拒否リスト] のドメイン名および電子メール アドレスによって引き続きメッセージが評価され、受信が拒否されたメッセージはユーザーの [迷惑メール] フォルダに振り分けられます。



- [低] - 迷惑メールであることが明らかなスパム メッセージをユーザーの [迷惑メール] フォルダに振り分けます。このレベルは既定の設定です。



- [高い] - 大半の迷惑メールが阻止されますが、一部の適正なメッセージが迷惑メールとして分類される可能性があります。[迷惑メール] フォルダを頻繁に確認することをお勧めします。



- [[セーフ リスト] のみ] - ユーザーの [差出人セーフ リスト] に登録されたユーザーからのメッセージ、および [宛先セーフ リスト] のメーリング リストに送信されたメッセージを除き、すべての受信メッセージがユーザーの [迷惑メール] フォルダに振り分けられます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
レベルを選択してください:


  1. 処理しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
    Value NameJunkMailProtection
    Value TypeREG_DWORD
    Value4294967295
  2. 低 (既定)
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
    Value NameJunkMailProtection
    Value TypeREG_DWORD
    Value6

  3. Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
    Value NameJunkMailProtection
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  4. 信頼済みの一覧のみ
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
    Value NameJunkMailProtection
    Value TypeREG_DWORD
    Value2147483648


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)