レベル 1 としてブロックするファイル拡張子を追加する

このポリシー設定では、Outlook 2007 で配信しない添付ファイルの種類を指定します (ファイルの拡張子で指定)。



Outlook 2007 では、電子メール メッセージやその他のアイテムに添付されたファイルへのユーザーのアクセスを制限するために、2 つのレベルのセキュリティが使用されています。特定の拡張子を持つファイルは、レベル 1 (ユーザーはファイルを表示できない) またはレベル 2 (ユーザーはファイルをディスクに保存した後に開くことができる) に分類できます。レベル 1 とレベル 2 に分類されない種類のファイルは自由に開くことができます。



このポリシー設定を有効にした場合、テキスト フィールドに追加のファイルの種類の拡張子をセミコロンで区切って入力することによって、この拡張子をレベル 1 に指定し、配信をブロックできます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、問題を起こす可能性があるいくつかのファイルの種類 (.exe、.reg、.vbs などの拡張子を持つファイル) はレベル 1 に分類され、これらの拡張子を持つファイルの配信がブロックされます (完全な一覧については、「Outlook 2007 で制限される添付ファイルの種類」 (http://r.office.microsoft.com/r/rlidGPOutlkAdminAndUserSet2?clid=ja-jp) を参照)。



重要 - この設定は、[Outlook セキュリティ モード] グループ ポリシー設定が [Outlook セキュリティのグループ ポリシーを使用する] に構成されている場合にのみ使用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
追加する拡張子:

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
Value NameFileExtensionsAddLevel1
Value TypeREG_SZ
Default Value

例: EXE;REG;COM


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)