レベル 2 のブロック対象であるファイル拡張子を削除する

このポリシー設定では、ユーザーが開く前にディスクに保存しておく必要がある添付ファイルの種類を指定します (ファイルの拡張子で指定)。特定の拡張子を持つファイルは、レベル 1 (ユーザーはファイルを表示できない) またはレベル 2 (ユーザーはファイルをディスクに保存した後に開くことができる) に分類できます。レベル 1 とレベル 2 に分類されない種類のファイルは自由に開くことができます。



このポリシー設定を有効にした場合、レベル 2 に分類する添付ファイルの種類の一覧を指定できます。これにより、ユーザーは添付ファイルを表示するためにダウンロードするかどうかを決定できます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、Outlook 2007 ではどのファイルの種類の拡張子もレベル 2 に分類されません。



重要 - この設定は、[Outlook セキュリティ モード] グループ ポリシー設定が [Outlook セキュリティのグループ ポリシーを使用する] に構成されている場合にのみ使用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
削除する拡張子:

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
Value NameFileExtensionsRemoveLevel2
Value TypeREG_SZ
Default Value

例: ZIP;ICS;TXT


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)