SharePoint の同期要求および応答を記録する

既定では、Outlook と SharePoint 間の同期要求および応答の記録が無効になっています。この設定を有効にすると (または、一般的な Outlook の記録機能が有効になっている場合)、ほとんどの同期要求および応答がユーザーの TEMP ディレクトリにあるログ ファイルに記録されます。ファイルは 1 日に 1 つ作成され (合計 7 ファイルまで)、次の形式のファイル名が付けられます: 0-wss-sync-log.HTM、1-wss-sync-log.HTM、 以降同様



ログ ファイルは、Outlook と SharePoint の連携に関する問題を診断するときに役に立ちます。各ログ ファイルは、詳細なサーバーの応答とエラー情報が含まれている 1 つ以上の XML ファイル (これも TEMP ディレクトリ内にあります) にリンクされています。XML ファイルのファイル名は、対応するログ ファイルに基づいて付けられています。つまり、TEMP ディレクトリからすべての *-wss-*.* ファイルをコピーすると、関連する全診断ファイルを入手できます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
Value NameEnableWSSSyncLogging
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)