CRL が見つからない場合

このポリシー設定では、証明取り消し一覧 (CRL) が見つからない状況を Outlook 2007 で警告またはエラーと見なすかどうかを指定します。デジタル証明書には、対応する CRL の場所を示す属性が含まれています。CRL には、デジタル証明書の管理元の証明機関 (CA) によって取り消されたデジタル証明書の一覧が含まれています。通常は、証明書の発行が不適切である場合や、関連付けられている秘密キーが侵害された場合に取り消されます。CRL が見つからない場合や使用できない場合、Outlook 2007 では証明書が取り消されたかどうかを識別できません。このため、データにアクセスするときに、不適切に発行された証明書や侵害された証明書が使用される可能性があります。



このポリシー設定を有効にした場合、CRL が見つからない場合の Outlook 2007 の動作を以下の 2 つのオプションから選択できます。



- [警告]。このオプションは、Outlook 2007 の既定の構成です。CRL が見つからない場合は、警告メッセージが表示されます。



- [エラー]。このオプションでは、CRL が見つからない場合はエラー メッセージが表示されます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、CRL が見つからないと警告メッセージが表示されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
CRL が見つからない場合の通知の種類:


  1. 警告
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NameSigStatusNoCRL
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. エラー
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NameSigStatusNoCRL
    Value TypeREG_DWORD
    Value1


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)