ルート証明書が見つからない場合

このポリシー設定では、ルート証明書が見つからない場合の Outlook 2007 の動作を指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、CRL が見つからない場合の Outlook 2007 の動作を以下の 3 つのオプションから選択できます。



- [エラーまたは警告以外]。このオプションでは、エラーも警告も表示されず、Outlook 2007 の既定の構成が適用されます。



- [警告]。このオプションでは、CRL が見つからない場合に警告メッセージが表示されます。



- [エラー]。このオプションでは、CRL が見つからない場合にエラー メッセージが表示されます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、ルート証明書が見つからないときに、警告またはエラーによる確認メッセージは表示されません。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
ルート証明書が見つからない場合の通知の種類:


  1. エラーまたは警告以外
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NameSigStatusNoTrustDecision
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 警告
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NameSigStatusNoTrustDecision
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. エラー
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NameSigStatusNoTrustDecision
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)