アイテムを送信するときにレベル 1 の添付ファイルに関する確認メッセージを表示しない

このポリシー設定では、受信者が開いたときにブロックされる安全でない添付ファイルを含むアイテムを送信する前に、Outlook 2007 で警告を表示するかどうかを指定します。ウイルスやその他の問題を起こすファイルからユーザーを保護するために、Outlook 2007 では 2 つのレベルのセキュリティが使用されています。レベル 1 とレベル 2 に指定することによって、電子メール メッセージやその他のアイテムに添付されているファイルへのアクセスを制限します。既定では、レベル 1 のファイルへのアクセスは完全にブロックされます。レベル 2 のファイルは、ディスクに保存してから開く必要があります。問題を起こす可能性があるファイルは、ファイルの種類の拡張子に基づいてこれら 2 つのレベルに分類できます。それ以外のファイルの種類は、すべて安全と見なされます。



このポリシー設定を有効にした場合、レベル 1 のファイルが添付されたアイテムを送信するときに警告が表示されないため、ユーザーのデータが危険にさらされます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、レベル 1 のファイルが添付されたアイテムを送信しようとすると、メッセージに安全でない可能性がある添付ファイルが含まれていること、および受信者がこのファイルにアクセスできない可能性があることを通知する警告が表示されます。



重要 - このポリシー設定を適用するには、[ユーザー構成]\[管理用テンプレート]\[従来の管理用テンプレート (ADM)]\[Microsoft Office Outlook 2007]\[セキュリティ]\[セキュリティ フォーム設定]\[Microsoft Office Outlook 2007 セキュリティ] にある [Outlook セキュリティ モード] 設定を有効にして、ドロップダウン リストから [Outlook セキュリティのグループ ポリシーを使用する] を選択する必要があります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
Value NameDontPromptLevel1AttachSend
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)