コントロールの ItemProperty の確認について設定する

このポリシー設定では、ユーザーがユーザー設定の Outlook 2007 フォームにコントロールを追加し、そのコントロールをアドレス情報フィールドのいずれかに直接バインドする場合の動作を指定します。ユーザー設定の Outlook 2007 フォームに対するコントロールをアドレス情報フィールドのいずれかに直接バインドすると、そのコントロールの Value プロパティを取得することによって、フォーム コードでアドレス情報フィールドの値を間接的に取得できます。



このポリシー設定を有効にした場合、コントロールがアドレス情報フィールドにバインドされているユーザー設定のフォームを開くときの Outlook の動作を指定するオプションを、以下の 4 つから選択できます。



- [ユーザーに確認する]



- [自動的に許可する]



- [自動的に拒否する]



- [コンピュータのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する]。これが既定の構成です。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、ユーザーがコントロールをアドレス情報フィールドにバインドすると、メッセージが表示されます。これは、[コンピュータのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する] を [有効] に設定した場合と同じ動作になります。



注意 - Exchange セキュリティ フォーム設定は、[ユーザー構成]\[管理用テンプレート]\[従来の管理用テンプレート (ADM)]\[Microsoft Office Outlook 2007]\[セキュリティ]\[セキュリティ フォーム設定]\[Microsoft Office Outlook 2007 セキュリティ] にある [Outlook セキュリティ モード] 設定を有効にして、ドロップダウン リストから [Outlook セキュリティのグループ ポリシーを使用する] を選択することによって構成することもできます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Outlook ユーザー設定フォームで ItemProperty にアクセスしようとするときの処理:


  1. ユーザーに確認する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMItemPropertyAccess
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  2. 自動的に許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMItemPropertyAccess
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  3. 自動的に拒否する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMItemPropertyAccess
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  4. コンピュータのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMItemPropertyAccess
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)