Outlook オブジェクト モデルのユーザー設定のアクションの実行確認について設定する

このポリシー設定では、ユーザー設定のアクションを実行する前に、Outlook 2007 でメッセージを表示するかどうかを指定します。ユーザー設定のアクションによって、ルールの一部としてトリガできる機能が Outlook 2007 に追加されます。ユーザー設定のアクションにはさまざまな機能がありますが、メッセージの返信時に、Outlook モデルのプログラム的な送信に対する保護を解除するアクションを作成できます。



このポリシー設定を有効にした場合、Outlook オブジェクト モデルを使用するユーザー設定のアクションを実行するときの Outlook 2007 の動作を指定するオプションを、以下の 4 つから選択できます。



* [ユーザーに確認する]



* [自動的に許可する]



* [自動的に拒否する]



* [コンピュータのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する]。このオプションでは、Outlook の既定の構成が適用されます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、Outlook または別のプログラムが Outlook オブジェクト モデルを使用してユーザー設定のアクションを開始すると、そのアクションを許可するか拒否するかを確認するメッセージが表示されます。この構成を変更した場合、悪意のあるコードで Outlook オブジェクト モデルを使用できるため、重要な情報が脅かされたり、データやコンピューティング リソースが危険にさらされる可能性があります。これは、[コンピュータのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する] を [有効] に設定した場合と同じ動作になります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
ユーザー設定のアクションが実行される時の処理:


  1. ユーザーに確認する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMCustomAction
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  2. 自動的に許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMCustomAction
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  3. 自動的に拒否する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMCustomAction
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  4. コンピュータのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Value NamePromptOOMCustomAction
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)