レベル 2 のエラーを警告ではなくエラーにする

このポリシー設定では、レベル 2 の添付ファイルをディスクにダウンロードすることをユーザーに許可するか、または完全にブロックするかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、既定の構成と同じ動作になります。



このポリシー設定を無効にした場合、レベル 2 の添付ファイルはどの状況でも表示されません。この設定は "逆" であることに注意してください。その名前にかかわらず、無効にするとレベル 2 の添付ファイルはレベルが上がり、有効にするとレベルは上がりません。



このポリシー設定を未構成にした場合、ユーザーはレベル 1 のファイルを表示できません。レベル 2 のファイルを開くには、その前にディスクに保存する必要があります。ユーザーは、レベル 1 またはレベル 2 に分類されていない種類のファイルについては開くことができます。



重要 - このポリシー設定は、[Outlook セキュリティ モード] グループ ポリシー設定が [Outlook セキュリティのグループ ポリシーを使用する] に構成されている場合にのみ使用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
Value NamePromoteErrorsAsWarnings
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)