プログラムの実行

このポリシー設定では、PowerPoint 2007 の動作設定ボタンを使用したときの [プログラムの実行] オプションの動作 (確認メッセージの表示とプログラムの実行方法) を指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、以下の 3 つのオプションのいずれかを選択して、[プログラムの実行] オプションの動作を指定できます。



- [無効 (プログラムを実行しない)]。[プログラムの実行] 動作が割り当てられた動作設定ボタンをユーザーがクリックしても、何も起こりません。このオプションでは、PowerPoint 2007 の既定の構成が適用されます。



- [有効 (実行前に確認メッセージを表示)]。[プログラムの実行] 動作が割り当てられた動作設定ボタンをユーザーがクリックすると、プログラムの実行を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。



- [すべて有効 (確認メッセージを表示せずに実行)]。[プログラムの実行] 動作が割り当てられた動作設定ボタンをユーザーがクリックすると、確認メッセージを表示せずにプログラムが自動的に実行されます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、[プログラムの実行] 動作が割り当てられた動作設定ボタンをユーザーがクリックしても、何も起こりません。この動作は、[有効] - [無効 (プログラムを実行しない)] と同じです。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降



  1. 無効 (プログラムを実行しない)
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\PowerPoint\Security
    Value NameRunPrograms
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 有効 (実行前に確認メッセージを表示)
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\PowerPoint\Security
    Value NameRunPrograms
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. すべて有効 (確認メッセージを表示せずに実行)
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\PowerPoint\Security
    Value NameRunPrograms
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


ppt12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)