署名されていないアプリケーション アドインに関するセキュリティ バーの通知を無効にする

このポリシー設定では、指定した 2007 Office アプリケーションで、署名のないアプリケーション アドインが読み込まれたときにユーザーに通知するか、またはユーザーに通知せずに自動的に無効にするかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、署名のないアドインはユーザーに通知することなく自動的に無効になります。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、すべてのアドインに信頼できる発行元による署名が必要であるようにアプリケーションが構成されると、アプリケーションによって読み込まれた署名のないアドインはすべて無効になり、アクティブ ウィンドウの上部にセキュリティ バーが表示されます。セキュリティ バーには、署名のないアドインについてユーザーに通知するメッセージが表示されます。



このポリシー設定は、すべてのアドインに信頼できる発行元による署名が必要であるように 2007 Office アプリケーションが構成されている場合にのみ適用されます。既定では、ユーザーは、アプリケーションのセキュリティ センターの [アドイン] カテゴリでこの要件を構成できます。この要件を常に適用するには、グループ ポリシーで [アプリケーション アドインには信頼できる発行元による署名が必要] ポリシー設定を有効にする必要があります。有効にすると、ユーザーは設定を変更できなくなります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Publisher\Security
Value NameNoTBPromptUnsignedAddin
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

pub12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)