すべての信頼できる場所を無効にする

このポリシー設定では、管理者は指定したアプリケーションの 2007 バージョンで、すべての信頼できる場所を無効にすることができます。セキュリティ センターで指定する信頼できる場所は、安全と見なすことができるファイル保存場所を定義するために使用します。信頼できる場所からは、最低限のセキュリティでコンテンツ、コード、およびアドインを読み込むことができます。また、ユーザーにアクセス許可のプロンプトが表示されることもありません。信頼できる場所から危険なファイルが開かれた場合、標準のセキュリティ対策の対象とはならないため、ユーザーのコンピュータやデータに損害を与える可能性があります。



このポリシー設定を有効にした場合、指定したアプリケーションの 2007 バージョンで、すべての信頼できる場所 (セキュリティ センターで指定) が無視されます。これらの信頼できる場所には、セットアップ中に Office で設定されたもの、グループ ポリシーを使用してユーザーに展開されたもの、およびユーザー自身が追加したものが含まれます。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、指定したアプリケーションの 2007 バージョンで、すべての信頼できる場所 (セキュリティ センターで指定) が安全と見なされます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Visio\Security\Trusted Locations
Value NameAllLocationsDisabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

visio12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)