信頼性に関する判断を必須にする

このポリシー設定では、Access からユーザーに信頼できないコンポーネントについて通知する方法を指定します。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーが信頼できない Access データベースを開こうとし、そのデータベースにユーザーがプログラムした実行可能コンポーネントが含まれていると、データベースを使用する前にそのコンポーネントを有効にするか無効にするかを選択する必要があることを示すダイアログ ボックスが表示されます。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、ユーザーが信頼できない Access データベースを開こうとし、そのデータベースにユーザーがプログラムした実行可能コンポーネントが含まれていると、コンポーネントが無効になった状態でデータベースが開き、データベース コンテンツが無効になっていることを示す警告がメッセージ バーに表示されます。ユーザーはデータベース コンテンツを検査することはできますが、このままでは無効になった機能を使用することはできません。機能を有効にするには、メッセージ バーの [オプション] をクリックし、適切なアクションを選択します。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\access\security
Value Namemodaltrustdecisiononly
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

access14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)