カスタマー エクスペリエンス向上プログラムを有効にする

このポリシー設定では、Microsoft Office の向上を目的とした Microsoft Office カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加できるかどうかを指定します。ユーザーがカスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加した場合、Office 2010 アプリケーションからアプリケーションの使用状況に関する情報が自動的に Microsoft に送信されます。この情報は、他の CEIP データと結び付けられ、Microsoft での問題解決、およびユーザーが最もよく使用する製品や機能の改善に役立ちます。この機能によって、ユーザーの氏名、住所などの個人を特定できる情報が収集されることはありません。ただし、IP アドレスについては、データを送信するために使用されます。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは、Office アプリケーションの初回起動時に、CEIP に参加するかどうかを選択できます。組織で使用しているポリシーで CEIP などの外部リソースの使用を制御している場合、プログラムへの参加有無の選択をユーザーに許可すると、組織内のポリシーに違反してしまう可能性があります。

このポリシー設定を無効にした場合、Office 2010 ユーザーはカスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加できなくなります。

このポリシー設定を未構成にした場合、このポリシーを [有効] に設定した場合と同じ動作になります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common
Value Nameqmenable
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)