エラーのクリーンアップ間隔を設定する

このポリシー設定では、失敗した操作とその他のエラー データを削除するまでキャッシュに残す期間を指定できます。同期は何らかの理由で失敗することがあります。失敗した操作と関連インスタンスは "エラー状態" とマークされ、このデータは最終的にはキャッシュから削除する必要があります。ユーザーがエラーをトラブルシューティングできるように、この期間は通常のクリーンアップ間隔より長くすることをお勧めします。

このポリシー設定を有効にした場合、失敗した操作とエラー データをキャッシュから削除するまでの期間 (分単位) を指定できます。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定値の 10080 分 (1 週間) が使用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
エラーのクリーンアップ間隔 (分)

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\business data\synchronization
Value Nameerrors cleanup interval
Value TypeREG_DWORD
Default Value
Min Value1
Max Value1000000

office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)