クエリ アイテムの最大数を設定する

このポリシー設定では、クエリの実行結果としてクライアントのキャッシュに追加されるアイテムの最大数を指定できます。いくつかの一括操作 (特にクエリ) では、多数のアイテムが返され、キャッシュに追加されることがあります。これにより、キャッシュのサイズが増加し、Microsoft SQL Server CE の上限である 4 GB を超える可能性があります。さらに、キャッシュの同期を維持するのに必要な処理の量と LOB サーバーに対する負荷も増加します。システムを保護するために制限が使用されます。制限に達する前に処理された結果はすべてコミットされますが、操作は失敗とマークされ、後で再試行されます。

このポリシー設定を有効にした場合、クエリの実行結果としてクライアントのキャッシュに追加されるアイテムの最大数を指定できます。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定値の 2000 アイテムが使用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
クエリ インスタンスの最大数

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\business data\synchronization
Value Namequery instances limit
Value TypeREG_DWORD
Default Value
Min Value1
Max Value32767

office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)