サブスクリプションの更新の再試行間隔を設定する

このポリシー設定では、システムが失敗した操作の実行を再試行するまで待機する最大時間 (分単位) を指定できます。

このポリシー設定を有効にした場合、失敗した操作の実行を再試行するまでの最大間隔を分単位で指定できます。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定値の 360 分が使用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
再試行の最大間隔 (分)

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\business data\synchronization
Value Nameretry interval limit
Value TypeREG_DWORD
Default Value
Min Value1
Max Value1440

office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)