ポップ ヒントを表示する

このポリシー設定では、Office アプリケーションで Office リボンのコマンドの上にマウス カーソルを移動したときにポップ ヒントを表示するかどうか、およびポップ ヒントに機能名と説明、または機能名のみを表示するかどうかを指定できます。

このポリシー設定を有効にした場合、以下のいずれかのオプションを選択できます。
- 機能の説明を表示する: リボンのコマンドの上にマウス カーソルを移動したときに、機能名と説明の両方が表示されます。
- 機能の説明を表示しない: リボンのコマンドの上にマウス カーソルを移動したときに、機能名のみが表示されます。
- ポップ ヒントを表示しない: リボンのコマンドの上にマウス カーソルを移動したときに何も表示されません。

このポリシー設定を無効にした場合、リボンのコマンドの上にマウス カーソルを移動したときに何も表示されません。

このポリシー設定を未構成にした場合、リボンのコマンドの上にマウス カーソルを移動したときに、機能名と説明の両方が表示されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降



  1. 機能の説明を表示する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\toolbars
    Value Namescreentipscheme
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 機能の説明を表示しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\toolbars
    Value Namescreentipscheme
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. ポップ ヒントを表示しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\toolbars
    Value Namescreentipscheme
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)