最大スリープ間隔を設定する

このポリシー設定では、キャッシュで使用されるスリープ間隔の最大値を設定できます。アプリケーションがキャッシュ内で変更を行った場合、または実行予定のアクションが存在する場合、スリープは自動的に中断されます。

このポリシー設定を有効にすると、保留中の作業がない場合に同期が再開するまでの待機時間 (分単位) を指定できます。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定値の 20 分が使用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
スリープ間隔の最大値 (分)

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\business data\synchronization
Value Namesleep interval
Value TypeREG_DWORD
Default Value
Min Value1
Max Value360

office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)