デジタル署名生成の最小 XAdES レベルを指定する

このポリシー設定では、XAdES デジタル署名を作成するために Office 2010 アプリケーションが到達する必要がある最小 XAdES レベルを設定できます。最小 XAdESLevel に到達できない場合、Office アプリケーションは署名を作成できません。

このポリシー設定を有効にした場合、デジタル署名を作成する際に Office アプリケーションが満たす必要のある最小 XAdES レベルを以下のように設定できます。

- 最小レベルなし
- XAdES-BES: 少なくとも XAdES-BES を作成する必要があります。そうでない場合、失敗します。
- XAdES-T: 少なくとも XAdES-T (タイムスタンプ) を作成する必要があります。そうでない場合、失敗します。
- XAdES-C: 少なくとも XAdES-C (証明書および取り消しの参照) を作成する必要があります。そうでない場合、失敗します。
- XAdES-X: 少なくとも XAdES-X (タイムスタンプ -C) を作成する必要があります。そうでない場合、失敗します。
- XAdES-X-L: 少なくとも XAdES-X-L (証明書および取り消し値の保存) を作成する必要があります。そうでない場合、失敗します。

このポリシー設定を無効にするか、または未構成にした場合、Office 2010 での最小 XAdES レベルの要求はなくなり、このポリシー設定で指定されたレベルまで、可能な限り最も詳細な XAdES 署名が作成されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降



  1. 最小レベルなし
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\signatures
    Value Nameminxadeslevel
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. XAdES-BES
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\signatures
    Value Nameminxadeslevel
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. XAdES-T
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\signatures
    Value Nameminxadeslevel
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  4. XAdES-C
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\signatures
    Value Nameminxadeslevel
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  5. XAdES-X
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\signatures
    Value Nameminxadeslevel
    Value TypeREG_DWORD
    Value4
  6. XAdES-X-L
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common\signatures
    Value Nameminxadeslevel
    Value TypeREG_DWORD
    Value5


office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)