信頼性向上のために小規模な更新プログラムを自動的に受信する

このポリシー設定では、Microsoft Office 診断プログラムを有効にするかどうかを指定します。Office 診断プログラムは、小さなファイルをコンピューターに定期的にダウンロードして、Microsoft がシステムの問題を診断できるようにします。

このポリシー設定を有効にした場合、Office 診断プログラムによって特定のエラーに関する情報およびコンピューターの IP アドレスが収集されます。Office 診断プログラムによって、個人を特定できる情報が Microsoft に送信されることはありません。送信されるのは、更新が必要なコンピューターの IP アドレスだけです。

このポリシー設定を無効にした場合、ユーザーは、Office 診断プログラムから更新を受け取ることはできません。

このポリシー設定を未構成にした場合、このポリシー設定は有効になりませんが、ユーザーは Office 2010 アプリケーションの初回起動時に Office 診断プログラムから更新を受け取るかどうかを選択できます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\common
Value Nameupdatereliabilitydata
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)