[遡及日数] の設定後に時間単位のバージョンを排除しない日数

このポリシー設定では、[遡及日数] の設定後に排除しない時間単位のバージョンの数を設定できます。2010 形式のノートブックでは、OneNote はノートブックの以前のバージョンのページを自動的に保存します。さらに、削除したすべてのページとセクションのごみ箱も保存します。

このポリシー設定を有効にした場合、[遡及日数] 設定後に時間単位のバージョンを保存する日数を指定できます。この値は時間単位のバージョン履歴情報を保存する "DaysOfAllVersions" の日数を指定します。ユーザーは、"DaysOfAllVersions" 後のこの日数の間、1 時間ごとに 1 バージョンを保存します。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、OneNote は過去 5 日間の時間単位のバージョンを保存します。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
遡及日数

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\onenote\options\versions
Value Namedaysofhourlyversions
Value TypeREG_DWORD
Default Value5
Min Value0
Max Value365

onent14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)