添付ファイルをレベル 2 に下げることをユーザーに許可する

このポリシー設定では、Outlook ユーザーがレジストリ キーを使用して添付ファイルのレベルを 2 に下げることによって、ディスクにファイルを保存した後にそこからファイルを開くことができるかどうかを指定します。Outlook では 2 つのレベルのセキュリティが使用されており、電子メール メッセージやその他のアイテムに添付されているファイルへのアクセスを制限できます。特定の拡張子を持つファイルは、レベル 1 (ユーザーはファイルを表示できない) またはレベル 2 (ユーザーはファイルをディスクに保存した後に開くことができる) に分類されます。レベル 1 とレベル 2 に分類されない種類のファイルは自由に開くことができます。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは、レジストリ キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security\Level1Remove にファイルの種類を追加することによって、レベル 1 からレベル 2 に下げるファイルの種類の一覧を作成できます。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、ユーザーはレベル 1 の添付ファイルをレベル 2 に下げることはできません。また、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security\Level1Remove レジストリ キーには効果がありません。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
Value Nameallowuserstolowerattachments
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)