Active Directory のプライマリ SMTP アドレスに基づいてプロファイルを自動的に構成する

このポリシー設定では、Active Directory 環境内のドメインに参加しているユーザーが、Outlook のアカウントを設定するときに使用するプライマリ SMTP アドレスを変更できるかどうかを指定します。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは、新しいアカウントを設定するときに Active Directory から Outlook によって取得される SMTP 設定を変更できません。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、Active Directory 環境内のドメインに参加しているユーザーの電子メール アカウントが構成されていないと、Outlook では、現在 Active Directory にログオンしているユーザーのプライマリ SMTP アドレスを使用して、新しいアカウントの追加ウィザードの電子メール アドレス フィールドにデータが挿入されます。ユーザーは、アドレスを変更して別のアカウントを構成したり、[次へ] をクリックして Active Directory の既定の設定を使用できます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\autodiscover
Value Namezeroconfigexchange
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)