予定表の共有の制御

既定では、ユーザーは予定表を iCalendar 形式で保存して、その予定表全体を共有できます。または、電子メールを使用して、予定表のスナップショットを共有できます。この設定では、予定表の共有バージョンの詳細情報レベルを指定したり、予定表の共有を無効にすることができます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
予定表の共有の制御


  1. 予定表の共有の禁止
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\options\calendar
    Value Namepayloadcalendardetailspolicy
    Value TypeREG_DWORD
    Value32768
  2. [空き時間情報のみ] の詳細情報レベルで予定表を共有できる
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\options\calendar
    Value Namepayloadcalendardetailspolicy
    Value TypeREG_DWORD
    Value16384
  3. [空き時間情報のみ] および [詳細情報の一部] の詳細情報レベルで予定表を共有できる
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\options\calendar
    Value Namepayloadcalendardetailspolicy
    Value TypeREG_DWORD
    Value8192


outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)