Exchange Unicode モード - ユーザーに確認せずに OST 形式を変更する

このポリシー設定では、ユーザーに確認せずに .OST ファイルを ANSI 形式から Unicode 形式に更新することができます。

このポリシー設定を有効にした場合、関連するポリシー設定 [Exchange Unicode モード - OST 形式を無視する] が有効になっていて、以下のオプションが設定されている場合にのみ機能します。

動作は次のようになります。

[OST 形式を無視する] ポリシー設定が有効になっており、[形式とモードが一致しない場合、新しい OST を作成する] に設定されている、または [ユーザーに確認せずに OST 形式を変更する] ポリシー設定が有効になっている場合:
Outlook で現在の .OST モードとは異なるモードが検出された場合、ユーザーに対する確認メッセージが表示されずに新しい .OST が作成されます。

[OST 形式を無視する] ポリシー設定が有効になっており、[形式とモードが一致しない場合に新しい OST の作成についてユーザーに確認する] に設定されている、または [ユーザーに確認せずに OST 形式を変更する] ポリシー設定が有効になっている場合:
Outlook で現在の .OST モードと異なるモードが検出された場合、ポリシーで設定されたモードへの変換において待機時間を許可するかどうかを確認するメッセージが表示されます。[OK] をクリックすると、新しい .OST の名前の入力を求めるメッセージが表示されずに新しい OST が作成されます。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、更新された .OST ファイルの新しい名前の入力を求めるメッセージが表示されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\emsp
Value Namesilentostformatchange
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)