削除済みアイテムを、代理人のメールボックスではなく所有者のメールボックスに保存する

このポリシー設定では、削除済みアイテムを、代理人のメールボックスではなく所有者のメールボックスに保存できます。

このポリシー設定を有効にした場合、削除済みアイテムは、所有者の削除済みアイテム フォルダーに保存されます。この設定を正しく使用するには、所有者の削除済みアイテム フォルダーへの書き込み権限を代理人に与える必要があります。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、代理人によって削除されたアイテムは所有者の削除済みフォルダーではなく、代理人の削除済みフォルダーに保存されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\options\general
Value Namedelegatewastebasketstyle
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value4
Disabled Value8

outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)