[名前を付けて保存] を実行するときの Outlook オブジェクト モデルに関する確認について構成する

このポリシー設定では、信頼できないプログラムが [名前を付けて保存] コマンドを使用して、プログラム的にアイテムを保存しようとしたときの動作を指定します。

このポリシー設定を有効にした場合、信頼できないプログラムが [名前を付けて保存] コマンドを使用してプログラム的にアイテムを保存しようとしたときの動作を次の 4 つのオプションから選択できます。

- [ユーザーに確認する] - アクセスが試みられるたびにユーザーに確認します。
- [自動的に許可する] - Outlook は、すべてのプログラムからのプログラム的なアクセス要求を自動的に許可します。このオプションは重大な脆弱性の原因となる可能性があるため、お勧めしません。
- [自動的に拒否する] - Outlook は、すべてのプログラムからのプログラム的なアクセス要求を自動的に拒否します。
- [コンピューターのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する] - ウイルス対策プログラムが最新ではないか、または実行されていない場合のみメッセージが表示されます。これが既定の構成です。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、信頼できないアプリケーションが [名前を付けて保存] コマンドを使用しようとしたときに、セキュリティ センターの [プログラムによるアクセス] セクションの設定に従って動作が決定されます。この設定は、プログラムによるアクセスについて、ユーザーに警告するかどうかを決定します。

- [ウイルス対策ソフトウェアが最新の状態ではない、または実行されていない場合のみ (既定の設定)]
- [毎回]
- [表示しない] - [表示しない] オプションを選択した場合、すべてのプログラムに対してプログラム的なアクセスが暗黙に許可されます。

注意 - 上記の既定の機能では、[Outlook セキュリティ モード] グループ ポリシー設定を有効にして、Outlook のセキュリティ設定をグループ ポリシーによって構成する推奨設定に従っていないことを前提にしています。Outlook のグループ ポリシー セキュリティ設定を使用している場合は、セキュリティ センターの [プログラムによるアクセス] セクションは使用されません。この場合、既定ではコンピューターのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージが表示されます。これはセキュリティ センターの [ウイルス対策ソフトウェアが最新の状態ではない、または実行されていない場合のみ] オプションに相当し、ユーザーの操作には影響しません。

重要: このポリシー設定は、[Microsoft Outlook 2010]\[セキュリティ]\[セキュリティ フォーム設定] にある [Outlook セキュリティ モード] ポリシー設定が [Outlook セキュリティのグループ ポリシーを使用する] に構成されている場合のみ適用されます。

オブジェクト モデル ガードの詳細については、「MSDN Outlook 2010 Developer Reference (MSDN Outlook 2010 開発者リファレンス)」の「Security Behavior of Outlook (Outlook のセキュリティ動作)」 (http://officeredir.microsoft.com/r/rlidGPSecBehaviorOutlookModelO14?clid=1041) を参照してください。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
保護方法:


  1. ユーザーに確認する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namepromptoomsaveas
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  2. 自動的に許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namepromptoomsaveas
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  3. 自動的に拒否する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namepromptoomsaveas
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  4. コンピューターのセキュリティに基づいてユーザーにメッセージを表示する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namepromptoomsaveas
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)