S/MIME 確認メッセージ要求の処理

このポリシー設定では、Outlook で S/MIME 確認メッセージ要求を処理する方法を指定します。

このポリシー設定を有効にした場合、Outlook で S/MIME 確認メッセージ要求を処理する方法のオプションを次の 4 つから選択できます。

- [確認メッセージを送信できない場合はメッセージを開く]
- [確認メッセージを送信できない場合、メッセージを開かない]
- [確認メッセージを送信する前に常に確認する]
- [S/MIME 確認メッセージを送信しない]

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、確認メッセージ要求が添付されているメッセージをユーザーが開くと、Outlook では、メッセージを開いたユーザーの ID とメッセージを開いた時刻に関する情報を含む確認メッセージを送信者に送信するかどうかを決定するためのメッセージが表示されます。Outlook で確認メッセージを送信できない場合でも、ユーザーはメッセージを開くことができます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
S/MIME 確認メッセージ要求の処理方法:


  1. 確認メッセージを送信できない場合はメッセージを開く
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namerespondtoreceiptrequests
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 確認メッセージを送信できない場合、メッセージを開かない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namerespondtoreceiptrequests
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  3. 確認メッセージを送信する前に常に確認する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namerespondtoreceiptrequests
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  4. S/MIME 確認メッセージを送信しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namerespondtoreceiptrequests
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)