署名の警告

このポリシー設定では、メッセージのデジタル署名が無効な場合に Outlook でどのように警告するかを指定します。

このポリシー設定を有効にした場合、署名が無効なときに Outlook でどのように警告するかを、次の 3 つのオプションから選択できます。

- [警告を表示するかどうかをユーザーが設定できるようにする]: このオプションでは、既定の構成が適用されます。
- [署名が無効な場合に常に警告する]
- [署名が無効な場合でも警告しない]

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、ユーザーが無効なデジタル署名を含む電子メール メッセージを開くと、警告ダイアログが表示されます。ユーザーは、今後、署名が無効な場合に警告を表示するかどうかを指定できます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
署名の警告


  1. 警告を表示するかどうかをユーザーが設定できるようにする
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namewarnaboutinvalid
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 署名が無効な場合に常に警告する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namewarnaboutinvalid
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 署名が無効な場合でも警告しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\outlook\security
    Value Namewarnaboutinvalid
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


outlk14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)