VBA マクロ通知設定

このポリシー設定では、Visual Basic for Applications (VBA) マクロが存在する場合に、指定したアプリケーションでユーザーに警告を表示する方法を指定します。

このポリシー設定を有効にした場合、指定したアプリケーションで、マクロに関する警告をユーザーに表示する方法を次の 4 つのオプションから選択できます。

- [警告を表示してすべてのマクロを無効にする]: 署名の有無にかかわらず、すべてのマクロについてセキュリティ バーで警告を表示します。このオプションでは、Office の既定の構成が適用されます。

- [デジタル署名付きのマクロを除くすべてのマクロを無効にする]: デジタル署名付きのマクロについてセキュリティ バーで警告を表示します。ユーザーはこのマクロを有効にするか、または無効のままにできます。署名のないマクロは無効になり、ユーザーには通知されません。

- [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする]: 署名の有無にかかわらず、すべてのマクロを無効にします。ユーザーには通知されません。

- [すべてのマクロを有効にする] (推奨しません): 署名の有無にかかわらず、すべてのマクロを有効にします。このオプションを使用すると、危険なコードの実行が検出されなくなるため、セキュリティが大幅に低下します。

このポリシー設定を無効にした場合、[すべてのマクロについて、セキュリティ バーで警告を表示する] が既定の設定になります。

このポリシー設定を未構成にした場合、指定したアプリケーションで VBA マクロを含むファイルを開くときに、このファイルはマクロが無効にされた状態で開きます。このとき、マクロが存在しており、無効にされたことを示すセキュリティ バーの警告が表示されます。ユーザーは必要に応じてファイルを検査して編集できますが、無効化された機能を使用することはできません。これらの機能を使用するには、セキュリティ バーで [オプション] をクリックし、適切なアクションを選択して機能を有効にする必要があります。

重要:[デジタル署名付きのマクロについてのみ、セキュリティ バーで警告を表示する (署名のないマクロは無効にされます)] を選択すると、署名のない Access データベースを開くことができなくなります。

また、Microsoft Office では、信頼できる発行元の証明書は Internet Explorer の信頼できる発行元ストアに格納されます。以前のバージョンの Microsoft Office では、信頼できる発行元の証明書情報 (特に、証明書の拇印) は、Office の特別な信頼できる発行元ストアに格納されていました。Microsoft Office の信頼できる発行元ストアから証明書情報を読み取ることはできますが、このストアに情報を書き込むことはありません。

したがって、以前のバージョンの Microsoft Office で信頼できる発行元の一覧を作成した後で Office にアップグレードした場合、その一覧は引き続き認識されます。ただし、信頼できる発行元の証明書を一覧に追加した場合、その情報は Internet Explorer の信頼できる発行元ストアに格納されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降





pub14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)