暗号化の互換性を指定する

このポリシー設定では、暗号化されたデータベースの互換性を指定できます。

このポリシー設定を有効にすると、新しいファイルの暗号化中に指定した互換性の形式が適用されます。
- 以前の形式を使用する
- 次世代の形式を使用する
- すべてのファイルを次世代の形式で保存する

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定の設定 ([次世代の形式を使用する]) が適用されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降



  1. 以前の形式を使用する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\word\security\crypto
    Value Namecompatmode
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 次世代の形式を使用する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\word\security\crypto
    Value Namecompatmode
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. すべてのファイルを次世代形式で保存する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\14.0\word\security\crypto
    Value Namecompatmode
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


word14.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)