自動回復用データを保存する場所

このポリシー設定では、自動回復用データを保存する場所を指定できます。保存場所としてネットワーク ドライブを指定すると、バックアップ ファイルを他のネットワーク ファイルと共に保存することができます。

このポリシー設定を有効にした場合、自動回復用データを保存する場所を指定できます。

このポリシー設定を無効にするか、または未構成にした場合、既定の保存場所は %userprofile%\Application Data\Microsoft\Excel になります。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降
自動回復用データを保存する場所

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\excel\options
Value Nameautorecoverpath
Value TypeREG_EXPAND_SZ
Default Value%USERPROFILE%\Application Data\Microsoft\Excel

excel15.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)