Windows Internet Explorer の機能制御の選択

InfoPath は Windows Internet Explorer をホストしています。この設定により、動作をロックダウンする以下の Windows Internet Explorer 機能コントロールのセットが InfoPath で選択されます。

ActiveX コントロールのインストール、ファイルのダウンロード、オブジェクトへのバインド、セキュリティ バンド、アドオンの管理、ユーザー名の無効化、MIME 処理、MIME スニッフィング、オブジェクト キャッシュ、ポップアップ ブロック、保存ファイルの確認、URL への移動、ウィンドウの制限、ゾーン昇格。既定では、InfoPath.exe、ドキュメント情報パネル、ワークフロー フォーム、および他社のホスティングに対して機能コントロールのロックダウンがオンになっています。

この設定を変更して、InfoPath.exe、ドキュメント情報パネル、およびワークフロー フォームのみに対してオンにしたり、完全にオフにすることもできます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降



  1. なし
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\infopath\security
    Value Nameiefeaturecontrols
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. InfoPath.exe、ドキュメント情報パネル、およびワークフロー フォーム
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\infopath\security
    Value Nameiefeaturecontrols
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. InfoPath フォーム コントロール、InfoPath.exe、ドキュメント情報パネル、およびワークフロー フォームのホスティング
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\infopath\security
    Value Nameiefeaturecontrols
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


inf15.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)