EKU フィルター

このポリシー設定では、Excel、PowerPoint、および Word ドキュメントの署名に使用できるデジタル証明書の一覧をフィルター処理するための拡張キー使用法 (EKU) の値を指定できます。デジタル証明書を拡張する拡張キー使用法 (EKU) は、証明書の使用法を示す 1 つ以上の値の集合です。EKU 値の例としては、スマート カード ログオンやクライアント認証があります。EKU フィルターを使用すると、ドキュメントのデジタル署名に使用できるインストール済み証明書の一覧をフィルター処理できます。ユーザーがドキュメントのデジタル署名に使用する証明書を選択するときに、フィルター処理された一覧が表示されます。

このポリシー設定を有効にした場合、署名されたドキュメントと組み合わせて使用できる証明書の EKU を表すオブジェクト識別子 (OID) の一覧を指定できます。たとえば、暗号化ファイル システム (1.3.6.1.4.1.311.10.3.4) の識別子を持つ証明書の場合、OID は 1.3.6.1.4.1.311.10.3.4 です。適切な OID の一覧は、組織で使用している特定の証明書によって異なります。Microsoft 暗号化に関連付けられているオブジェクト ID の一覧については、Microsoft サポート技術情報の記事 287547「Object IDs associated with Microsoft cryptography (マイクロソフトの暗号化に関連付けられたオブジェクト ID)」(http://officeredir.microsoft.com/r/rlidGPOIDAndCrypt2O14?clid=1041) を参照してください。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、EKU フィルターは使用できません。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降


Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\common\signatures
Value Namefilterdigitalsignaturecerteku
Value TypeREG_SZ
Default Value

office15.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)