自動アップグレードの有効化

このポリシー設定では、Office を自動的に新しいメジャー バージョンにアップグレードするかどうかを指定します。このポリシーは、クイック実行によってインストールされた Office 製品に適用されます。このポリシーは、Windows インストーラーによってインストールされた Office 製品には効果がありません。

このポリシー設定を有効にするか、未構成にし、Office の自動更新が無効ではない場合、自動更新時に Office の新しいメジャー バージョンのアップグレードが利用可能かどうかチェックされます。対象となる場合は、Office の新しいメジャー バージョンのアップグレードがバックグラウンドでダウンロードされ、インストールの準備ができるとユーザーにメッセージが表示されます。

このポリシー設定を無効にした場合、Office のメジャー バージョンのアップグレードについて、自動的に検出およびダウンロードは実行されません。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\common\officeupdate
Value Nameenableautomaticupgrade
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office15.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)