パスワードで保護された Office Open XML ファイルの暗号化の種類

このポリシー設定では、Office Open XML ファイルの暗号化の種類を指定できます。

このポリシー設定を有効にした場合、パスワードで保護された Office Open XML ファイル形式 (Excel、PowerPoint、および Word で使用) のファイルを Office アプリケーションで暗号化するために使用する暗号化の種類を指定できます。指定する暗号化の種類は、ファイルを暗号化するコンピューターにインストールされた暗号化サービス プロバイダー (CSP) に対応している必要があります。 ローカル コンピューターにインストールされている CSP の一覧については、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Cryptography\Defaults\Provider\ レジストリ キーを参照してください。使用する暗号化の種類を指定するには、所定のテキスト ボックスに以下の形式で入力します。

<暗号化プロバイダー>,<暗号化アルゴリズム>,<暗号化キーの長さ>

例: Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0,RC4,128

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定の CSP が使用されます。既定の暗号化サービス プロバイダー (CSP) は Microsoft Enhanced RSA and AES Cryptographic Provider、AES-128、128 ビットです。

注意: レジストリ キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\\Security\Crypto\CompatMode が 0 に設定されていない場合、このポリシー設定は効果がありません。既定では、CompatMode レジストリ キーは 1 に設定されています。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降
暗号化の種類:

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\common\security
Value Nameopenxmlencryption
Value TypeREG_SZ
Default Value

office15.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)